不倫の彼との間に子どもを妊娠した場合の解決方法

不倫の彼との間に子どもを妊娠した場合の解決方法

不倫の彼との間に子どもを妊娠した場合の解決方法

社内不倫中の妊娠は、本来あってはならないことです。あなたに経済力や身内のサポートがあり、「結婚できなくても1人で育てる」という覚悟をしていたとしても、そう簡単に望めることではありません。
どちらも望んでいないのなら尚更です。

 

社内不倫をするなら「避妊を徹底」というコンセンサスを2人でとりましょう。
それでも気のゆるみなど何らかの理由で妊娠してしまった、という時には、以下を参考にしてみてください。

 

できるだけ早く彼に伝える

この「できるだけ早く」というのは、妊娠が確定してすぐ、という意味です。
妊娠検査薬だけでは妊娠は確定しないので、その時点で無闇に騒ぎ立てるのは得策ではありません。

 

婦人科で検査を受け、妊娠が確定したらすぐに報告しましょう。

 

あなたが彼との結婚を望んでいる場合、「中絶できない時期まで待とう」という考えがよぎることもあるかもしれません。

 

けれども妊娠はあなただけでの問題ではなく、お腹の中の赤ちゃんのことを第1に考えなければならないということ、そしてそのことを考える義務と権利が彼にもあること、を理解しておいて下さい。

 

 

「産んでくれ」とすぐに言える男性は少ない

だからといって、彼が本当に中絶を望んでいるとも限りません。

 

もし彼に迷いがみられる場合には、あなたの身体に負担がかからないくらいの余裕をもって、期限を設定してあげましょう。

 

ただしあなたが結論をきく前に、彼が奥さんに話してしまう、という事態は避けること、あなた自身に産む意志が薄いのであれば中絶の選択肢をとる覚悟は必要です。

 

また、「君がきめていい」という彼は、包容力があるのではなく、逃げに入っていると考えたほうがいいです。
いざという時に「君が勝手に生んだ」といった態度をとる可能性もありますから、鵜呑みにはしないように。

 

 

「産んでほしい」を信じられるか

彼が「産んでほしい」という結論を出したとして、それは何に基づくものなのか、ということは冷静に判断しましょう。

 

奥さんと離婚してあなたと結婚するのか、それとも未婚で育ててほしいのか。

 

ここではっきりと意見が違えば、妥協点をみつけることは難しいですから、あなたが決断を下すことになります。

 

そして、離婚→結婚を彼が望んでいるとしても、仕事をどうするかということは重要な問題になります。

 

不倫の上の妊娠と結婚、ということが職場に知れ渡るのを避けたいのなら、あなたがいずれかのタイミングで会社をやめるのが得策でしょう。

 

 

おわりに

妊娠という大きな事件によって、彼の本音がみえることもあります。
また、どんな結論に至ったとしても、彼があなたと赤ちゃんのことを真剣に考えてくれたのであれば、2人の未来は明るいはず。
決断までの時間はあまり長くはありませんが、あなた自身も彼との関係だけではなく、自分と赤ちゃんの将来についてもよく考えてみてくださいね。

 

不倫体験談


ホーム RSS購読 サイトマップ