社内不倫相手を略奪し結婚する方法

社内不倫の相手を略奪し結婚する方法

社内不倫の相手を略奪し結婚する方法

「不倫にゴールなんてない」というのは、一般的によく言われていることですが、実際は社内不倫を経て、略奪婚に至るカップルも少なくありません。
ただ、略奪婚というのは「彼に結婚をねだれば手に入る」というものでもありません。

 

社内不倫は、彼の家庭と職場という2つの要素が絡んでいます。
つまり、彼との幸せな結婚生活を手に入れるためには、この両方をクリアする必要があるということです。

 

ここでは、この2つの要素に注目し、略奪殻の結婚を成功させる方法をご紹介しています。

 

彼を信じて待つ

彼と彼の家庭との関係を尊重した方法です。

 

特に子どもがいる場合には、「ある程度子どもが大きくなってから一緒になりたい」という気持ちを持っている男性は少なくありません。

 

けれども女性には、結婚にも出産にも適齢期があるために、焦って「どうして結婚してくれないの!」といったように彼を責め、結果破局してしまうケースも多いのです。

 

もし彼に「先々はあなたと一緒になりたい」という気持ちがあることがわかっなら、彼を信じて待つ姿勢をみせましょう。

 

 

ただし、本当に長い期間を待って過ごすというだけが正解、というわけでもありません。

 

適齢期であなたに迷いが出ている様子を、直接的ではなく、間接的にアピールすることができるのは社内不倫ならでは。

 

「今あなたと結婚しないと手遅れになるかも」と思わせられれば、いきなり彼の方からプロポーズ、なんてこともあるかもしれません。

 

 

職場を変える

あなたが転職をすることによって、得られるメリットは2つ。

 

1つは離婚から結婚になった場合でも、彼の立場があまり悪くならないということ、もう1つは職場で会うことがなくなった分、彼があなたのことを追いかけ始めるということです。

 

あなたは、もともと家庭を持っている人とつきあっているということもあり、職場が変わってさみしいというよりは、「バレの確率が下がった」とポジティブに捉えることもできるはず。

 

けれども彼にしてみれば、いつも側にいるのが当たり前だった独身の彼女が急に目の届かないところに行ってしまうわけですから、心配になるのも当然です。

 

この機会をもっとうまく利用するなら、「転職先はつきあいが多くて大変」と、少し彼と会う回数を減らしてみるのも効果的です。

 

 

おわりに

どちらの方法でも共通しているのは、自分から「結婚したい」とアピールしすぎない、ということです。
「結婚」というのは彼と別れたい時に使うワードだ、というくらいに考えて、彼のほうから「あなたとずっと一緒にいたい」と思わせるように仕向けていきましょう。

 

不倫体験談


ホーム RSS購読 サイトマップ