不倫相手が構ってくれない理由と構ってもらう方法

不倫相手が構ってくれない理由と構ってもらう方法

不倫相手が構ってくれない理由と構ってもらう方法

不倫の場合、男性は成就の時点でかなりの「征服欲」を満たしていることになります。
結婚ほどの慣れは生まれにくいものの、やはりある程度の期間一緒に過ごしていれば、その状態に安心しきって、あなたに対してのケアがおろそかになる可能性はあります。

 

ただ、その「構ってくれない」が「社内で」なのか「プライベートで」なのかは重要です。

 

社内で構ってくれないのはむしろ当たり前のことですし、彼のあなたとの関係を大事にしたいという気持ちのあらわれかもしれません。
ここでは、プライベートで彼が構ってくれなくなった場合の理由と、その対処法をまとめています。

 

 

完全に「自分の女」と思っている

不倫というハンデがあっても自分との関係を持っているという事実は、男性にとっては大きな自信になっています。
そこから、「釣った魚にはエサはやらない」ではないですが、もしかしたらあなたが「都合のいい女」化している可能性があります。

 

そういう時には、少し自分の異性を含めた交友関係をアピールするのが効果的。

 

具体的には、「いつでも言われた時に言われた場所まで行く」ということをやめ、「先約がある」といって断ったり、社内での好感度をあげ、彼の耳にもあなたへの評価が届くようにがんばってみたりしましょう。

 

ただし嫉妬深い彼の場合は加減にくれぐれも気をつけて。

 

 

疲れている

あなたの気をひき続けるためには、彼もいろいろと努力をしてきているはずです。

 

食事の場所を決めたり、泊まるホテルの予約をとったり、男性としての面目をたてるという意味もあるとはいえ、あまりに彼にまかせっきりにしていると、彼はあなたとのつきあいに疲弊してしまいます。

 

ときには自分からレストランを予約してごちそうしたり、彼の好きそうな場所の情報を収集しておいたりするなど、「あなたと過ごすとラクで楽しい」という気持ちを持ってもらう努力をしましょう。

 

 

「奥さんが2人」状態になっている

不和ではないにしても、彼にとっては奥さんだけでは満たされない部分があり、そこをあなたに求めています。

 

とはいえ男の人の趣味というのは一貫していることも多いので、はっと気づいたら、あなたとの関係も奥さんとのそれに近くなっていた、ということもあるのです。

 

そうなれば当然彼の興味はあなたから離れやすくなります。

 

そういう時には、社内不倫であることを生かして仕事の相談をしたり、ニュースなどについての彼のビジョンをきき、それを褒めるようにしてみたりするなど、明らかに奥さんとの間ではでてこないやりとりをしかけます。

 

彼の自尊心が満たされる話題にするのが、この方法のポイントです。

 

おわりに

社内不倫の場合、構ってくれないからといってうかつな行動をとると、それがきっかけで周りにバレてしまうことも考えられます。
対処法を実行する際には、「やりすぎないこと」「時には自分磨きをしながら待つこと」を心がけてみてください。

 

不倫体験談


ホーム RSS購読 サイトマップ