社内不倫を続けるか、辞めるかの判断基準

社内不倫を続けるか、辞めるかの判断基準

社内不倫を続けるか、辞めるかの判断基準

社内不倫ははじまりやすく、そして終わりにしにくいという特徴があります。
「奥さんにバレてしまった」というような直接の要因があれば話は別ですが、自分が「もうやめよう」と思ったくらいでは、なかなか別れられないという人が圧倒的。

 

けれども状況によっては「やめる」の判断をしたほうがよいこともあります。
ここでは、社内不倫を続けることに迷いが出た時に、あなたを助けてくれる「判断基準」をご紹介します。

 

 

自分に結婚願望がある

もし彼も「あなたと結婚したい」と本気で思っていたとしても、いばらの道であるには違いない略奪婚。
ましてや、彼にあなたと結婚する気がないのであれば、「結婚したいなあ」と漠然とでも思いはじめたのであれば、社内不倫はそこでやめたほうがいいと思います。

 

そして、「彼と結婚したい」という強い意志を持っているなら、やめる必要はありません。
「結婚」自体に憧れているのではなく、「彼と」という点が重要とはっきりしている場合は、彼との幸せなゴールまでがんばりましょう。

 

 

彼の経済状態がよくない

この場合の経済状態とは、彼の家庭全体ではなく、彼自身のお財布のことをいいます。

 

もちろん家計全体が悪いことも社内不倫にケリをつける判断基準になりますが、家計自体はokでも、例えば彼の奥さんの収入によるところが多かったり、彼の奥さんが全ての家計を握っていたりというケースでも、先々あなたにとっていいことはありません。

 

この場合は、もし彼が奥さんと離婚、自分と結婚ということになった時に、さらに負担となってのしかかります。

 

彼のことを経済的に支えていく、慰謝料を請求されても払っていく覚悟があるのなら、彼に多少経済的な問題があっても迷う必要はないといえますね。

 

ただし、ギャンブルなどの悪癖は別。
それも含めて彼を愛せると言い切れますか?

 

 

身内に「自分は今幸せだ」といえない

両親につきあっている人はいないのか、将来はどうするのか、といった話題を振られた時に、「今毎日充実してるから」と明るく言うことはできますか?
不倫しているとバカ正直に言えないのは当たり前ですが、それでも彼とつきあっていることがプラスに働いているなら、幸せだということを胸をはって伝えられるはずです。

 

社内不倫は彼だけでなく、自分自身のキャリアにも影響を及ぼす可能性があります。

 

自分のキャリアアップの夢と、彼の両方を1度に追えるのかということに疑問を感じたら、やめどきなのかもしれません。

 

 

おわりに

今回ご紹介した3つの判断基準は、ポジティブにも使えます。
やめたほうがいいのか迷ったときだけでなく、「今後続けていくためには何が必要か」わからなくなった時にも、参考にしてみてください。

不倫体験談


ホーム RSS購読 サイトマップ