社内W不倫の悩みと解決方法

社内W不倫の悩みと解決方法

社内W不倫の悩みと悩みの解決方法

昔は社内不倫といえば「上司の既婚男性と部下の独身女性」というパターンがほとんどでした。

 

今も上司と部下、というケースは非常に多いのですが、女性側が独身とは限らない、というあたりが時代を反映しているともいえます。

 

今は結婚しても、何らかの形で仕事を続ける女性が珍しくはなくなりましたから社内W不倫になる可能性も高くなっているのでしょう。

 

W不倫という言葉からは、なんとなくドロドロと大変そうなイメージがありますが、実際にはどのような悩みが生まれやすいのでしょうか。
悩みのいくつかを取り上げ、その解決法とともにみていきましょう。

 

 

常にお互いの家庭との板挟みになる

スケジュールが家庭に縛られがちになるだけでなく、同じ職場で働いていれば、お互いの家庭の話題を耳にしたり、実際に話に参加したりすることも多くなります。
どちらにも家庭がある分、傷つく度合いも2倍になる、というわけですが……

 

解決:彼を彼の家庭ごと受け入れる

 

彼はもともと既婚者でした。
そして、同じく家庭のある自分と不倫をしているということは「お互いの家庭を捨てて一緒になる」ということを今現在考えている可能性は非常に低いです。

 

ということは、不倫を続ける以上、彼の立場を受け入れてあげる必要があります。

 

彼が良い夫であり優しいパパである面も含めて、好きになる努力をしてみましょう。

 

ただし交換条件として、自分も同様に家庭ごと受け入れるよう迫るのはNG。
大人の余裕をみせるようにしてください。

 

 

職場の若い女性との関係が気になってしまう

W不倫の場合、どうしても女性の年齢は高めになりがちです。

 

そのため、彼が職場で他の若い部下の女性たちと親しくしているところをみると、関係を疑うわけではないものの、不安になってしまったり、自分に自信がもてなくなったりするケースは少なくないようです。

 

こうなってしまうと、つい悪い方へ考えてしまうネガティブサイクルにはまってしまいがちですが……

 

 

解決:自分の家庭に目を向ける

 

彼の職場での行動がいちいち気になるようになったら、それだけ彼にばかり気がいっているという証拠。
自覚のないまま家庭をおろそかにしていませんか?

 

良い機会と思って、夫や子どもに目を向けるようにしてみましょう。

 

家庭のケアをきちんと行なうことは、不倫を円満に続けるためにも重要なことなのです。

 

 

おわりに

いかがでしょうか。取り上げた2つの悩みのうち、1つはお互いの家庭が原因となり、もう1つは逆に家庭の存在が解決策になりました。
いずれにしても、社内W不倫には、職場だけでなく、家庭というファクターが大きく関わってくるということがおわかりいただけたのではないかと思います。

 

不倫体験談


ホーム RSS購読 サイトマップ